パック

脇の黒ずみに重曹パックってどう?効果と安全性を調べてみました! 2019年8月

投稿日:

「脇の黒ずみ」で悩む女性たちの間でひそかに話題となっている「重曹パック」。

「重曹って肌に触れても大丈夫なの?」
「本当に効果があるの?」
「詳しい方法が載ってるサイトが見つからない!」

と、気になりつつもトライをためらっている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、重曹パックが脇の黒ずみに効果をもたらすのかを科学的な視点にも基づいて解説しながら、正しい重曹パックの作り方、おすすめできる市販の重曹パックのご紹介までたっぷりお話いたします。

脇の黒ずみの原因や予防についても触れていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

脇の黒ずみに重曹は効くの

脇の黒ずみケアとしての重曹の使用は、プロのエステティシャンや皮膚科医の一部でも推奨されています。

そもそも重曹になじみがない方、重曹とはなんなのかを知らないという方も少なくないはず。
まずは重曹について説明しましょう。

重曹のはたらきを知れば、重曹が黒ずみを解決するメカニズムもおのずと分かってきます。
なぜ黒ずみケアに重曹を使うと良いのか、根本的な疑問を解決していきましょう。

重曹とは

重曹とは正式名称を炭酸水素ナトリウムといいます。食塩水と二酸化炭素といった、もともと人体に含まれる物質から生成されるため、有害なものではありません。
いわゆる「ふくらし粉」として食品に用いられることもありますし、入浴剤の成分としても有名です。

発泡性と水に溶けにくい性質をもつ弱アルカリ性の物質で、掃除や洗濯、消臭など日常生活のさまざまな場面で活用できると注目を集めている重曹。

重曹は薬局やホームセンター、スーパーなどで販売されており、誰でも購入することができます。

重曹が黒ずみに効果的な理由は

脇の黒ずみにはいくつかの原因があります。なかでも重曹は「古い角質や皮脂汚れによる黒ずみ」の解決に効果を発揮します。
つまり、掃除や洗濯に使用されるのと同様で、頑固な汚れやこびりつきを洗い落としてくれるイメージですね。

重曹は弱アルカリ性。弱酸性である皮脂汚れを中和して汚れを浮かせることができます。皮脂とも水ともなじみやすいため、浮かせた皮脂に重曹がぴったり吸着し、水で洗い流すことでキレイに皮脂汚れが落ちます。

さらに重曹じたいはごく小さな粒子なので、皮膚を傷つけない研磨剤として、古い角質のこすり洗いやピーリングには最適です。

肌への刺激が少なく安価である点も、黒ずみケアに重曹をおすすめする理由です。

脇以外の黒ずみにも重曹は使えるの

脇以外の黒ずみにも重曹は使用できます。
肘、膝といった比較的皮膚の強い部分であれば、用法・用量を守って使用する分には問題ないでしょう。

ただし、脇も含め乳首やデリケートゾーンといった肌の敏感な部分に使用する際は、やや注意が必要。

重曹は細かいとはいえ粒子を含みます。またピーリング剤として使用する際には、なでたりこすったりする場合があるかもしれません。

肌への強い刺激は新たな黒ずみを作ってしまう要因となりかねないため、強くこすらず優しくケアするよう心がけてください。

重曹パックの作り方と使い方

では、さっそく重曹パックを作って使用してみましょう。
作り方も使い方も至って簡単なので、どなたでも楽々作ることができますよ。

今回は、とくに肌への優しさを重視した「こすらず使える重曹パック」の作り方と使い方をご説明します。いくつか細かな注意点がありますので、自己流にしてしまわず、しっかり手順を守ってくださいね。

重曹パックに必要な材料は

まずは重要な重曹選びですが、重曹には「食用」「掃除用」「医薬品用」の3種類があります。自宅で重曹パックを作る場合には、価格や純度の高さ、粒子の細かさといった点から「食用」の重曹を使用することをおすすめします。

基本的には重曹と水さえあれば重曹パックを作ることはできます。
もし、同時に保湿を行いたいという方ははちみつやオリーブオイルを、流れ落ちないふんわいとしたパックを作りたい方はボディーソープをご用意ください。

パック後の化粧水・乳液の準備も忘れずに。

重曹パックの作り方

基本的な重曹パックの作り方は「重曹:水を1:1の割合でペースト状になるまで混ぜる」、これだけです。使用する重曹の量は小さじ1~2杯程度でOK。

同時にしっかり保湿を行いたいという方は、作成した重曹パックにはちみつやオリーブオイルをほんの少し加えましょう。
重曹パックは角質や皮脂を剥がすため、一時的に乾燥しやすくなります。そのため保湿をしっかり行えるこちらの方法はおすすめです。

さらに、ふんわりとしたパックを作りたいという方は、ボディソープに小さじ1杯程度の重曹を加えて作る方法もあります。
2-3.重曹パックの使い方
作成したパックを脇に塗り、10分程度時間を置きます。このとき、過剰にこすったりなでつける必要はありません。ペーストタイプは塗るだけ、泡タイプの場合は乗せるだけでOKです。

10分経ったら、しっかりと洗い流します。繰り返しになりますが、洗い流す際にもくれぐれもこすらないよう注意してください。

パックが残らないようキレイに洗い流したら、化粧水や乳液でしっかりたっぷりと保湿します。
パック後の脇はとくにデリケート。ここでしっかりと保湿しておくことが、新たな黒ずみを生み出さない予防にもなりますので、必ず行いましょう。

脇の黒ずみに重曹パックを使うときの注意点


脇というデリケートな部分に使うため、重曹パックを使うときにはいくつかの重要な注意点があります。

これらを守ることで大切な肌を傷つけないばかりか、新たな黒ずみを生み出さない予防にもなりますので、きちんと守ってください。

とはいえ難しい決まりごとではないので、気楽に目を通し、気楽に重曹パックを使ってくださいね。

食用の重曹を使う

先ほども少し触れましたが、重曹パックには「食用」の重曹を使用してください。重曹が主成分である「ベーキングパウダー」は、他の添加物が配合されているためNG。あくまで「食用の重曹」をセレクトしてください。

食用の重曹をおすすめする理由としては「高い純度」と「肌を傷つけない粒子の細かさ」にあります。

純度についていえば「医療用の重曹」は食用のそれよりもさらに高いのですが、価格が高いというデメリットがあります。

自宅で気軽に使うのであれば、食用の重曹を使うのがベストです。

使用する際にこすらない

繰り返しになりますが、重曹パックを使用する際には絶対にこすらないようにしてください。
「こする」という行為じたい、デリケートな脇のケアには好ましくありません。重曹パックには、細かいとはいえ重曹の粒子が含まれています。こすってしまえば、粒子が肌を傷つけてしまう可能性が充分にあります。

肌が摩擦や傷を受けることで、新たな黒ずみが生まれる原因にもなります。
脇を洗うとき、重曹パックを塗るときや洗い流すとき、絶対にこすらないように気をつけてくださいね。

パックは1週間に1度まで

重曹パックを行いすぎると、肌に必要な皮脂までも洗い落としてしまい、極端な乾燥状態を生み出す可能性があります。
これは脇にとって良いことではありません。

さらに重曹パックを行いすぎると肌のターンオーバー(生まれ変わり)が早くなり、肌のバリア機能が低下します。これは、先ほど述べた極端な乾燥状態にも言えることです。

バリア機能が低下し、乾燥した肌は紫外線や衣服との摩擦といった外的刺激の影響を受けやすくなります。
それらの刺激が新たな黒ずみの原因となる可能性はおおいにあるのです。

重曹パックの理想頻度は1週間に1回まで。その1回を、念入りに行いましょう。

市販の重曹パックはあるの

重曹パックが自宅で簡単に作れることはわかったけれど、正直少し面倒だったり自作のパックを使用するのが心配だという方もいますよね。

そんな方のために、市販の重曹パックをご紹介します!

売れ行きはもちろん、実際に体験した方のユーザーレビューを参考に、本当におすすめできる市販の重曹パックをピックアップしてみました。

ぷっくぷく重曹ワキ泡プレミアムパック

ぷっくぷく重曹ワキ泡プレミアムパック

重曹の泡が黒ずみを浮き上がらせ、洗い落としてくれるパック。ジェルタイプのテクスチャーを脇に塗るとみるみるうちにぷっくぷくの泡となり、しっかり脇全体を包んでくれます。

パック時間はたった1~2分でOK。お手製の重曹パックと比較すると嬉しい時短ケアですね。

角質層(肌の奥のほう)まで浸透する植物由来の美容・保湿成分と、メラニン色素を追い出す役割をもつプラセンタエキスをはじめとした美白成分を配合。

古い角質を除去し、乾燥から肌を守るというWアプローチで黒ずみをケアします。

シロワキ重曹バブルパック

脇に塗布すると、90秒ほどでキメ細やかなバブル状に変化。重曹のほか3種類のピーリング成分を含んでおり、古い角質やたんぱく質を除去することで黒ずみを薄くするはたらきが期待できます。

また、ダイズエキスやローズマリー葉エキスといった天然由来の美容成分を多く含み、黒ずみの原因となる脇の乾燥や、脇毛の自己処理で傷んだ肌をケアすることで黒ずみを解決・予防する優秀なパックです。

重曹パックでは解決できない脇の黒ずみトラブル

冒頭でもお話したように、重曹パックの効果が期待できるのは「古い角質や皮脂汚れ」が原因である脇の黒ずみです。

脇の黒ずみには様々な原因があり、対処法もそれぞれです。もしも重曹パックを続けてもあきらかな変化がみられない場合には、黒ずみの原因が古い角質以外である可能性が高いです。

古い角質や皮脂汚れ以外に、脇の黒ずみを生み出す原因をいくつかご紹介します。

日常的な刺激が原因の黒ずみ

脇は身体のなかでも特にデリケートな部分であり、少しの刺激でも傷つきやすい場所です。衣服との摩擦やお風呂でのゴシゴシ洗いといった、日常的に受ける刺激でも黒ずみの原因となることがあります。

また紫外線も脇の黒ずみの原因として充分考えられる刺激。
紫外線を浴びると全身でメラニン色素が増加し、もともとメラニン色素が多く皮膚が薄い脇ではとくに黒ずみが目立ってしまいます。
紫外線対策をしっかりと行いましょう。

突発的な刺激が原因の黒ずみ

頻回な脇毛の処理や、誤った自己処理は脇にとって強い刺激となります。これらは脇の黒ずみの原因として大きなパーセンテージを占めています。

とくに黒ずみの原因となりやすいのは、毛抜きによる脱毛。毛抜きは、無理やり脇毛を引き抜くという強い刺激であるばかりか、毛穴を広げてしまったり、皮膚を傷つけ出血させてしまうこともあります。
強い刺激はメラニン色素を活性化させ黒ずみを作り出しますし、毛穴を広げてしまうとそれだけで脇が黒ずんでみえてしまいます。
皮膚を傷つけると、そこからバイ菌が入ったりニキビになるなどし、跡が残ったり黒ずみになる場合があるので注意が必要です。

炎症が原因の黒ずみ

合わないスキンケア商品を使い続けることによる皮膚炎や、脱毛クリームによる肌荒れも黒ずみの原因のひとつ。
日焼けをイメージしていただくと分かりやすいのですが、肌の炎症に対してもメラニン色素は過剰な分泌を起こします。

また、脇にできるニキビにも要注意。脇毛の自己処理とも関連があるのですが、皮膚にできた傷にバイ菌が入って「毛嚢炎」という炎症を起こすことがあります。
毛嚢炎はしっかりケアしなければアトが残りやすいため、脇のニキビには注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中、ホルモンバランスが乱れることで一時的に脇が黒ずむことがあります。ホルモンのはたらきによるメラニン色素の過剰分泌や代謝の低下が原因であるため、産後は徐々に薄くなっていくのが通常です。

しかし、ホルモンバランスの乱れが原因の黒ずみだと思って放置していると、メラニン色素がどんどん沈着し黒ずみが残ってしまったり、元に戻るまで時間がかかる場合も。

「放っておけば元に戻る」と思い込まず、ほどほどに気にしておきたいものですね。

脇の黒ずみに重曹パックを使って汚れをキレイに!

脇の黒ずみには様々な原因がありますが「古い角質や皮脂汚れによる黒ずみ」には重曹パックをおすすめします。
掃除や洗濯にも活用され「ガンコな汚れを落とす」ことにパワーを発揮する重曹。科学的な視点から見ても黒ずみケアに効果が期待できること、お分かりいただけましたでしょうか。

人体にも優しく、手軽に入手できるのもうれしいポイントですね。

週に1回、自宅で気軽にできる重曹パックで、脇の黒ずみにサヨナラしましょう!

この記事のまとめ

  • 重曹パックは「古い角質や皮脂汚れによるワキの黒ずみ」に効果が期待できる
  • 重曹パックは「ワキ以外の黒ずみ」にも使用できる
  • 純度の高さ、粒子の細かさ、コスパの点から「食用の重曹」を使うのがベスト
  • 「市販の重曹パック」は時短ケアが可能
  • ワキの黒ずみの原因は様々!「重曹パック」の効果がなければ他の原因を考える
  • この記事を書いた人
kaori Shiraishi

kaori Shiraishi

京都府出身、美容ライター。 20代後半で結婚、翌年に出産を経験して、体型を戻すことに苦労する。過度のダイエットで体調を崩したり、リバウンドをしたり、肌荒れが酷くなった経験を元に、健康的な美人を目指す生活を実践。3年かけて出産前の体重を下回ることに成功。その後、肌荒れ改善や独自の美容論を実践して、美容ライターに転身する。

-パック,
-,

Copyright© 黒ずみラボ , 2019 All Rights Reserved.